小児科

小児科について

外来診療予定表


みなみ小児科医療宣言

スローガン子育て支援子どもを守ろう

  • 新南生協病院の小児科外来は「みなみ子ども診療所」外来診療を
    継続して診療しています。
  • 総合病院として他の診療科との連携により充実した診療ができるようになりました。

1. わたしたちは、子どもに苦痛が少なく、確実に病気が治せるよう、あたらしい医学の知識を学び、技術を高めるよういつも努力します。

みたてが良く、注射が上手で、良く効く薬を出す---ってことかな。

1. わたしたちは、病気、病状、看護のポイント、治療法などについてきちんと説明し、お父さん、お母さんの意見も聞き、家族のみなさんと職員みんなで一致協力して安心して看病できるようにします。

病気は医者まかせでなく、医師以外の職員も家族も一緒に治療する人になる---ってことかな。

1. わたしたちは、子どもたちが健やかに育つよう母乳、離乳食から公害のない街づくりまで、健康づくりの立場から、子育てを支援します。

おしゃべり会、健康チェック、勉強会など、いろいろ一緒にやりましょう。
ひとりで悩まないで---ネ!

1. わたしたちは、子どもの権利をまもります。

いのちをまもる救急医療、子どもの理解できるような説明、学校へのお願い、市や区へのお願い、子どもがぶつかっている問題を子どもの立場に立って解決する---ってことかな。
一緒に子どもの権利をまもりましょう!

これからの小児科

小児医療(成育医療)の実践

  • 電話予約制で待ち時間の短縮ができます。
  • 最適な医療を提供するため、チーム医療を行います。
  • アメニティに配慮した医療を行います。
  • 開業医の先生方との病診連携を強めます。

専門外来の充実

  • アレルギー外来で食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、喘息などご相談ください。
  • 神経外来でけいれん、発達の遅れ、行動異常などご相談ください。
  • 腎外来(第2第4火曜日午後)
  • 夜尿もおたずねください。

保健・予防活動(予防接種、赤ちゃん外来)の推進

  • 健康は予防から。
  • 予防接種で、免疫をつけましょう。
  • 健診(赤ちゃん外来)で異常は早期に発見しましょう。
  • 健診のなかで肥満についてご相談ください。

育児支援センター(病児保育、一時預かり)、保育科との連携、「のびすく子ねっと」との連携

  • 病気のお子様をお預かりします。
  • 子育ての情報を発信します。
  • 悩み、心配ごとは遠慮なくご相談ください。

小児科病棟

院内学級

長期入院児のために院内学級を併設しています{小学生のためのあすなろ学級(大高南小学校の分校、中学生に大府養護学校の出張授業)}。病気で入院中も勉強の遅れを気にせず、楽しく勉強しています。ほとんど個人授業に近いので成績が伸びる子が多くいます。


クリニカルパス(患者さまとともにつくる療養計画書)

1999年1月からクリニカルパスの取り組みをしています。中日新聞、CBCラジオでも紹介されました。

患者さまには入院生活の概要が分かり、安心・安全・満足の医療を提供しています。

職員にはレベルを保った医療を保障します。現在27種類を使用中。


医学教育への取り組み

小児科では、初期ローテート研修でのプライマリ・ケアーを重視し、卒後小児科研修を行ってきました。

病棟、外来研修をはじめ、2ヶ月間の研修で、救急外来の一次対応ができるようになります。研修指導のために、パンフレット、CD-Rなども積極的に作成し、研修の教材としてきました。

医学生実習も積極的に受け入れています。

常勤医師紹介Doctor introduction

部長

増田 進

日本小児科学会小児科専門医、一般社団法人日本アレルギー学会指導医

山本 宗美

日本小児科学会小児科専門医