整形外科

整形外科について

外来・病棟・リハビリスタッフと共に連携を取り合いながら、日常生活やスポーツ時、業務上や交通事故での外傷、四肢・脊髄部を中心とする傷害、椎間板ヘルニアなどの診断治療を行っています。

変形性関節症、脊髄疾患、一般外傷、リウマチ、人工膝関節、人工股関節、スポーツ外傷、小児整形に対応。手術もできる、外傷が見れる一般的なレベルを維持し骨粗しょう症の治療にも力を入れていきます。

常勤医師紹介

外来診療予定表


診療方針

整形外科にはいろいろな方が訪れます。日常生活、労働、スポーツ等で何らかの痛みや不都合さを生じたり、不意のけがで動けなくなられたら、一度整形外科の受診をおすすめします。

整形外科では医師の間で専門性を生かして診療にあたっています。腰痛・頚肩痛・手足のしびれについては上野医師が担当しています。MRの導入で、痛みや苦痛なく、人体への害もなく腰や頚の神経がわかるようになりました。 膝痛、股部痛、リウマチについては今井医師が担当しています。

みなさまからの要望の強い膝痛、股部痛そしてリウマチに対して更に専門性を生かしてご相談に応じる「関節リウマチセンター」を開設しています。特に膝痛については、全国的にみても高いレベルで治療を行っています。

ご高齢の方、またリウマチなどで障害のある方のショートステイやリハビリテーションのために、かなめ病院と連携し、みなさんのご要望に応えられるように努めています。

常勤医師紹介Doctor introduction

名誉副院長

上野 芳郎

脊椎外科

副院長

山田 義典

日本整形外科専門医、日本整形外科学会スポーツ専門医、日本整形外科学会運動器リハビリテーション医

金野 恵美

整形外科一般

根本 致平

整形外科一般